検索 Google
五輪館
Back|Next
旅巧館旅行記北米>アメリカ国立公園
アメリカの国旗

旅行記:アメリカ国立公園(世界自然旅)

30.ようやくの晴天 (2003/6/25:曇後晴

 残りわずかとなって

 今日でもう4日目だが、相変わらずの曇天で、天候に恵まれない。同室だった日本人学生は、もう寒いところは嫌だと、イエローストーンはただ通過しただけ(間欠泉すら見ていない!)で、グランドティトンにも寄らず、一気にユタ州まで南下してしまった。私も残りわずかとなり、明日にはここを去らねばならないので、やむを得ず未訪問地をつぶすことにした。

 まず目指すは、先日雪のため断念したイエローストーン大峡谷。マディソン、ノリスと走ってキャニオン・ビレッジにやって来たら、すかさずノースリム沿いのインスピレーション・ポイント(Inspiration Point)に出向く。すると、到着直前に陽が差してきて、黄色の絶壁が眩しい。深さ300~450m程度と、あまり大したことないのかと思っていたが、さすがイエローストーンの名の由来となっただけあって、予想以上の見応えであった。

Inspiration Point
インスピレーション・ポイント

Lower Falls from Lookout Point
ルックアウト・ポイントからのロウアー滝

 ここから峡谷を翻り、グランドビュー・ポイント(Grandview Point)、ルックアウト・ポイント(Lookout Point)と進むと、次第にロウアー滝(Lower Falls:94m)が迫ってくる。ルックアウト・ポイントからは、峡谷の中段まで下るレッドロック・ポイント(Red Rock Point)へトレイルが延びているので歩いてみるが、ロウアー滝はいよいよ間近に迫り、迫力が増してきた。

  この先、ロウアー滝の真上に出るトレイルがあるが、この時はあいにく通行止めだったので泣く泣く断念。さらに上流へと遡上して、今度はアッパー滝(Upper Falls:33m)の真上まで歩いてみる。近くに行くと、さすがに水量が多くて迫力満点。飲み込まれそうな勢いであった。

Upper Falls
アッパー滝

  ノースリムを一通り見届けて川を渡り、満を持してサウスリムに入っていく。アッパー滝を対岸に見たら、ついにアンクル・トムズ・トレイル(Uncle Tom's Trail)を下る。これはロウアー滝の下まで、鉄の階段を急下降するコースだが、このエリアの名物となっているからか、かなりの観光客で賑わっている。とはいえ、あまりに急なので、下りでは足がすくむほどだ。

  ここを慎重に下っていくと、終点からはロウアー滝が目の前に見える。苦労して下ってきた甲斐はあるが、ここから見上げる登り道を見ると、少々後悔してしまう…

Lower Falls from Red Rock Point
レッドロック・ポイントより

Lower Falls
ロウアー滝

  しばらく休んだら、意を決して登り始める。急な階段が延々と続くので、ほとんどの人は途中で息絶え絶えとなって休んでいるが、私は、一歩一歩着実に登っていったら、一度も休まず登りきることができた(でも、かなり疲れるので、正直言ってあまりお勧めできない)。

  そして最後に向かうは、道路の終点にあるアーティスト・ポイント(Artist Point)。ここも昼時とあって結構な混雑であったが、ここからの峡谷の眺めは大したもので、まさに絶景であった。

Artist Point
アーティスト・ポイント

 天候回復へ

 これで、駆け足ながら大峡谷を周遊したので、続いては再びガイザー・カントリーに向かう。イエローストーン・レイク経由で周り込んでいくと、オールド・フェイスフルの手前に来たところで天候が回復し、青空が覗くようになってきた。ケプラー渓谷(Kepler Cascades)に寄り道したら、いよいよ間欠泉巡りだ。

 まず向かったのはブラックサンド・ベイスン(Black Sand Basin)。陽が照っているので、エメラルド・プール(Emerald Pool)やレインボー・プール(Rainbow Pool)、サンセット・レイク(Sunset Lake)と、どれも非常に美しい彩りを見せてくれる。ここは小規模ながら見応えのあるところだ。

Emerald Pool
エメラルド・プール

Rainbow Pool
レインボー・プール

Sunset Lake
サンセット・レイク

 ここに車を置いて歩き始めると、まもなくブラックサンド・プール(Black Sand Pool)が現れ、その先、デイジー・ガイザー(Daisy Geyser)と呼ばれるエリアを抜けると、グロテスクなグロット・ガイザー(Grotto Geyser)が見えた。木を沈殿物が埋めたものらしいが、何とも奇妙な造形である。

Black Sand Pool
ブラックサンド・プール

Grotto Geyser
グロット・ガイザー

  ここから人の数が急に多くなったが、そのまま北上してみると、しばらくで美しいモーニング・グローリー・プール(Morning Glory Pool)が登場。思ったよりも小さなものだが、やはりこの美しさは格別。思わず見惚れてしまいそうだ。

Morning Glory Pool
モーニング・グローリー・プール

  この先はまた急に人がいなくなるが、アーテミシア・ガイザー(Artemisia Geyser)、ゲム・プール(Gem Pool)、ミラー・プール(Mirror Pool)と、それぞれに美しい見所を周っていく。こんなところが人知れずあるなんて、なんてもったいないことだろう。

Artemisia Geyser
アーテミシア・ガイザー

Gem Pool
ゲム・プール

Mirror Pool
ミラー・プール

  そして、先日訪れたビスケット・ベイスンを再訪問。2度目ではあるが、やはり晴れていると美しさは何倍にもなるもので、特にサファイア・プール(Sapphire Pool)の透明度は息を飲むほど。奇妙なシェル・ガイザー(Shell Geyser)などを含め、またも一通り眺めたのであった。

Sapphire Pool
サファイア・プール

Shell Geyser
シェル・ガイザー

Biscuit Flow
独特の模様

 真打ち登場!

 来た道を引き返し、グロット・ガイザーまで戻ったら、今度は木道に沿って南下していく。ジャイアント・ガイザー(Giant Geyser)、ビューティー・プール(Beauty Pool)、グランド・ガイザー(Grand Geyser)などの見所を巡りながら歩くと、活発な噴出を続けるソーマイル・ガイザー(Sawmill Geyser)で分岐が登場。ここを左折して川を渡れば、キャッスル・ガイザー(Castle Geyser)がもう目の前だ。

Sawmill Geyser
ソーマイル・ガイザー

Castle Geyser
キャッスル・ガイザー

Old Faithful Geyser
オールド・フェイスフル・ガイザー

 キャッスル・ガイザーの小噴出を拝見したら、ついに真打ち、オールド・フェイスフル・ガイザー(Old Faithful Geyser)に向かう。これはイエローストーンの象徴とも言うべき間欠泉で、ほぼ70分おきに40~60mの熱水を噴出することで知られている。ビジターセンターで次の予定時間を見ると、まだ30分ほどの猶予があったが、特にやることはないのでガイザー近くで待機。はじめのうちは人もまばらだったが、徐々に集まりだし、予定時間を迎える頃には観光客で一杯となった。いよいよだ。

 予定時間が迫るにつれ、小規模な噴出が見られるようになったが、大噴出には至らない。いつになるかと固唾を呑んで見守るが、時間を過ぎてもまだ出ない…しかし、まもなく噴出が大きくなってきて、ついにブオーッと青空に向かって熱水が噴き上げた。この状態が数分続くが、やはり見応えがある。これぞ間欠泉だ。

  大噴出を最後まで見届けたところで、最後にガイザー・ヒル(Geyser Hill)に足を向け、いくつもの間欠泉と温泉プールを見る。ここにはそれほど特徴的なものがあるわけではないが、こうなったら徹底的に間欠泉を見ようというわけだ。気がつけば陽が傾き、夕焼け空に噴き出す煙が幻想的であった。

Sunset from Geyser Hill
ガイザー・ヒルから望む夕陽

Page Top
Copyright © gorinkan.org All Rights Reserved.