検索 Google
五輪館
Back|Next
旅巧館旅行記アジア>チベット
チベットの旗

旅行記:チベット(世界自然旅)

49.ドルマ・ラ越えの苦行 (2004/11/3:晴時々曇

 凍てつく巡礼路

 北壁は朝が最も美しいと聞いていたので、夜明け前に起床してみると、幸い今日も雲一つない晴天で、北壁が徐々に明るみ始めていた。さっそくカメラと三脚を持って寺から下り、眺めの良い場所でシャッターチャンスを待っていると、まもなく朝日が昇り、北壁の輝きが増してきた。もう11月ということで、北壁全体に陽が差すわけではないが、やはり神々しい眺めに違いない。改めてその威容に感嘆してしまった。

Kailash sunrise
北壁の朝焼け [→Flashスライドショー]

 さて、今日はコルラ最大の難所、ドルマ・ラ(卓瑪拉山口:5630m)を越えなければならない。ガイドとカナダ人はそそくさと出かけてしまうが、私はもう少し北壁を眺めていたかったので、少し遅れて日本人カップルとともに出発した。

Kailash from Diraphuk Gompa
北壁を横目にスタート!

 この辺りからは完全に雪が積もっているため、最初は道がわかりづらくて苦労したが、何とか本道を発見して登り始める。しかし、標高5000m以上では地上の半分しか酸素がないので、少し登るだけでも息が切れてしまう…無理をしては絶対にいけないので、遠ざかるカイラス北壁を振り返りながら、ゆっくりと、しかし確実に進んでいった。

View from Shiva Tsal
シワツェルより

Kailash from Shiva Tsal
迫力の山容だ

 シワツェル(天葬台)まで登ると、周囲に巡礼者が残した古着や髪の毛があって気味悪いが、ここからは多少傾斜が緩くなり、カイラスから遠ざかるように歩いていく。ここでも沢は完全に凍りついていて、周囲は凍てつくような情景だ。先人たちの踏み跡を頼りに、雪道をたどると、ついに右手に、峠への道が見えてきた。

Frozen river
凍りついた沢

North-East of Kailash
北壁が遠ざかる

 苦難と歓喜の峠越え

 ここから、再びきつい登りが始まる。ゆっくり歩いているつもりなのに、早くも息切れ気味だ。時々休みながら、少しずつ歩を進めると、途中でカナダ人の残したメッセージが見られるようになった。「頑張れ」「もうすぐだ」「標高○○m」などと書かれているのだ。それに励まされながら、苦痛に耐えつつ登っていった。

 しばらくで日本人カップルは遅れていったので、単独で峠に向かうようになる。登っては休み、登っては休みと繰り返していくと、ついに傾斜が緩み、前方に峠が見えるようになった。タルチョもはっきり見えるので、もうすぐだ。ここまで来ればかえって力が湧くというもので、最後は駆けるようにして峠に到達! 待ち構えていたガイドとカナダ人と抱き合い、お互いの健闘を称え合った。

 峠には無数のタルチョがはためいていて、聖なる岩には多くのルンタや金などが貼り付けてあり、ここが巡礼路であると再認識する。そして、まもなく日本人カップルも追いついてきて、皆でまた感動を分かち合った。

Dolma La
ドルマ・ラ

 少々休んだら下り始めるが、さすがに登りとは比べ物にならない早さで進むことができる。しばらくで見えてきたゴーリクンド(見托吉錯)は、完全に凍り付いていて真っ白だ。さらに一気に駆け下り、ミラレパの足跡で小休止。そして、ここから一下りして、あっという間にラム・チュの川原に降り立った。

Gouri-kund
ゴーリクンド

Lham-chuukhir
ラム・チュに沿って下る

 急ぎ足

 ここからは、川の左岸(東岸)に沿って下っていく。しばらくするとカイラスの東面が見えるが、これまでの山容と比べると迫力に欠ける…峠以降はあまり見所がないと聞いていたので、止むを得ないところだ。

East side of Kailash
カイラス東面を遠望

 ただ、個人的にはもっと周囲の景色を楽しみながら歩きたかったのに、他の人たちはそそくさと歩いていくものだから、余計面白くない。途中で川を横断してからもハイペースは続き、かなり歩かされて疲れてしまった。

Zhong Chu
淡々と下っていくが…

 それでも、夕方前には無事、今日宿泊予定のズトゥプク・ゴンパ(尊最普寺)に到着した。ところが、寺には留守番が1人しかおらず、食事もカップ麺しかないらしい。ならば、いっそダルチェンまで歩いてしまおう、と決まったが、気がつけばもう日の入りまで2時間しかない(ガイドはまだ3時間以上あると言っているが、一昨日ちゃんと時間を確認していたのだ)。そこで、他の人たちが休憩している間にさっさと出立し、競歩並みのスピードで駆け抜けていった。

 ゾン・チュ(門曲)沿いのアップダウンをこなしながら1時間ほど歩き、ついにメンダルカルボまでやって来ると、正面にはナムナニが再び見られるようになった。しかし、ダルチェンまではさらに1時間ほどあるので、休む間もなく駆けてゆき、どうにか日没前に宿に帰着。他の人たちも、日没後まもなく帰ってきて、予定より1日早くコルラを終えることができた。夜、外に出ると満点の星空が広がっていて、巡礼達成を祝ってくれているかのようであった。

View of Memonani
ナムナニを望む

Page Top
Copyright © gorinkan.org All Rights Reserved.