まずは観てみよう(1)

●はじめに…

 最近になって、インターネットの爆発的な普及・拡大と、飛躍的な技術進歩によって、ネット上で映像を見られる機会が増えてきました。例えば、アーティストのコンサートの模様や、スポーツ中継などなど…数え上げればキリがありません。この傾向は、今後インターネットの「ブロードバンド」化が進むにつれて、一層拍車がかかることでしょう。
 しかし、これは何も一部のプロの特権ではありません。数年前までは、確かにごく一部の専門家にしかできない芸当でした(技術的にも、コスト的にも)が、今や一般のユーザーも、低コストでネット上の映像配信が簡単にできるようになったのです!
 そうした経緯を踏まえて、この「動画編集講座」は開講されました。ここでは、ある程度コンピュータを使える人なら誰でも動画編集ができるよう、基礎から応用まで、幅広い情報を提供していきます。
 ただ、注意していただきたいことがあります。それは、この講座はあくまで作者個人の趣味によるものであって、特定の企業・団体とは何ら関係がありません。また、ここでの説明に従い、万一(!)不具合が発生しても、こちらでその
責任は負いかねますので、あくまで自己責任で行なって下さい(そんなことがないようにしたいとは思いますが、念のため)。以上、あらかじめご承知おきいただければ幸いです。

●RealPlayerを入手する

 では、さっそく動画編集を始めましょう!と行きたいところですが、自分で作る前に、まずは現在公開されている動画を観ることにしましょう。
 しかし、そのためには
RealPlayerというプラグインが必要です。無料で手に入りますが、入手方法としては、主に次の2つがあります。

  • 雑誌等の付録CD-ROM
  • ネットからダウンロード

 ネットからなら誰でもすぐに入手できますから、以下では、ネットからのダウンロード方法について説明します。CD-ROMで既にお持ちの方は、次の「RealPlayerのインストール」に飛んで下さい。

●RealPlayerのダウンロード

(1)まずこちらをクリックすると、RealPlayerのページが開きますので、「ダウンロード(米国ホームページより)」をクリックします。

(2)続いて、RealPlayerのダウンロードページに移りますので、無料で入手するのであれば、下の方に書かれている「RealPlayer 7 Basic」をクリックして下さい(なお、ビデオの録画等の機能も必要な方は、「RealPlayer 7 Plus」をお買い求め下さい)。

(3)次に、必要項目を記入するよう求められるので、国名・OS・CPU・言語・接続方法等について適切なものを選びます。名前とメールアドレスも記入して下さい。そして「無償RealPlayerのダウンロード」ボタンを押します。

(4)するとダウンロード場所を選ぶページに行くので、「Tokyo,Japan」など、身近な場所をクリックして下さい。

 その後(IEでは「ファイルのダウンロード」と出るので「このプログラムをディスクに保存する」とし)保存場所を選びます。原則どこでも構いませんが、わかりやすくしたければ「デスクトップ」が良いでしょう。

(5)以上で作業は終わり、ダウンロードが始まります。数分かかりますが、途中で途切れたりせず、ファイルが保存予定場所に格納されれば、ダウンロードは無事終了です(約4MBあります)。

●RealPlayerのインストール

 ダウンロードが成功したら、次はインストールです。

(1)まず、先ほどダウンロードしてきたファイル(rp7_jp_setup.exe)をダブルクリックします(CD-ROMの場合は、該当欄を探して下さい)。
 すると下のようにインストールの準備が始まりますので、セットアッププログラムが立ち上がるまで、少々お待ち下さい。

(2)やがてセットアッププログラムが立ち上がりますので、「次へ」進みます。

(3)次に「ライセンス契約」が表示されるので、内容に同意したら「承諾」をクリックします。

(4)続いてインストール先のディレクトリを求められます。インストール先はデフォルト(はじめに設定されたところ)のままで結構です(どうしても変えたい場合は「参照」ボタンを押して、使用するブラウザのプラグインフォルダなどを指定します)。終わったら「次へ」を押します。

(5)最後にショートカットの作成などの設定事項を求められます。特に問題なければそのままで、気になる項目があれば適宜変更して「完了」とします。

(6)するとインストール作業が始まるので、しばし待ちましょう(なお、CD-ROMからインストールする場合や、有料のPlusをインストールする場合は、これに続いて、電子メールアドレス・国・郵便番号の登録、接続速度、サポートメディアタイプ、チャネルの設定などが求められますが、基本的には指示に従っていけば問題ありません)。

(7)インストール作業が終わると、デスクトップ上にRealPlayer 7とTake5のショートカットができ、RealPlayerの画面も立ち上がります(Take5については次回説明します)。Windows 95の場合など、再起動を求められることもありますが、その場合は指示に従って下さい。
 うまくインストールできた方は、そのままインターネットに接続して、RealNetworks社のページRealGuide等でいくつか動画ファイルを見てみましょう(以下の例は、私のホームページ「RealMedia作品集」の一場面です)。多少時間がかかっても、問題なく見られますよね?

 なお、上記の説明は、Windows 95&IEの組み合わせです。Netscapeの方も多いと思いますが、原則として同じですので、問題はないはずです。また、Mac愛好者もいると思いますが、基本的な方法は同じですので、参考にして下さい。

 以上で、ネット上の動画の多くが見られるようになりました!

(2000.5)


Back  Contents  Next