MPEGへの変換

 これまでの講座により、ひとまず映像クリップは完成したので、後はRealVideoにエンコードして公開…といきたいところなのですが、その前にMPEGファイルへの変換方法について触れておきたいと思います。

●なぜMPEGか?

 MPEG(ここではMPEG1)については、以前導入編の第3回で簡単に触れていますので、ご存知だと思います。しかし、その時はRealVideoの優位さを強調しておいたので、「何をいまさら」と思われるかもしれません。
 確かに、RealVideoは、AVIファイルやMPEGファイルに比べてサイズが小さく、ストリーミングにも対応していますので、インターネット配信には最適です。ところ、サイズが小さいゆえに圧縮率が高くなりすぎ、見るに堪えない映像となってしまうことがままあります
 それに対して
MPEGは、画像劣化を押さえつつサイズを小さくするので、RealVideoよりははるかに高画質で、(無圧縮)AVIよりははるかに小さなファイルサイズで見ることができるのです。
 加えて、MPEGはビデオCDの規格に採用されていることからもわかるように、
汎用的な動画圧縮フォーマットなので、ほとんどの環境でみることができるのです(しかも、「RealProducer」は、MPEGファイルからRealVideoファイルへの変換が可能になっています)。
 こうしたことからすれば、あるビデオ映像があった時に、
「ダイジェスト」はRealVideoでネット配信し、より詳しく美しい「本編」を見せるにはMPEGでCDにして配る、というのが1つの有効な方法だと言えるでしょう。

 ということで、以下ではMPEGファイルへの変換方法について学習していきます。これは、ある程度の編集ソフトであれば保存時の指定で可能なのですが、安いソフトではできない場合があります。そんな時のために、ここではHitachi Microsoftware Systemsの「AVI−MPEGコンバータ」(2,700円:体験版あり)を例に説明していきます。

●AVI→MPEG変換方法

 では、さっそく「AVI−MPEGコンバータ」を使ってみましょう。ネットからダウンロード&インストールしたら、「スタートメニュー」からソフトを起動します。すると、以下のような画面が現れます。

 方法としては、まずAVIファイル名の隣にある「ファイル選択ボタン」を押し、出てきた「ファイルを開く」画面で、変換したいAVIファイルを選びます。AVIファイルが指定されると、メインウィンドウに動画の再生時間や画像サイズ、音声フォーマットなどの情報が表示されます。
 次に出力するMPEGファイルの設定を行ないます。MPEGファイル名の隣にある「ファイル選択ボタン」を押し、「MPEGファイルの保存」画面でお
好きなファイル名を入力して(標準ではAVIファイルの名前が入ります)、「保存」ボタンを押して下さい。
 そして、作成するMPEGファイルが他のソフトで使用中でないことを確認して、
「変換」ボタンを押します。「MPEG変換中」と表示された画面が現れるので、100%になるまでお待ち下さい。

 変換が完了すると「変換ファイルを実行しますか?」という「変換作業の完了」画面が表示されるので、「はい」ボタンを押します。すると、変換したMPEGファイルが再生表示されます。

 これで、AVIファイルからMPEGファイルへの変換が完了しました。非常に簡単な操作でMPEGファイルへの変換ができました。

●オプション設定

 なお、このソフトでは、他にもオプションとして、次に示す3つの変換パラメータを設定することができます。

  • ビットレート
    ビデオ変換のビットレートを指定します。
    1秒間あたりのデータ量(ビット数)を、コンボボックスから 0.25Mbps〜4.00Mbpsまでの範囲で選択します(標準では1.15Mbpsとなっています)。
    一般に、ビットレートの値が大きいほど画質は向上しますが、圧縮率が低くなるのでファイルサイズが大きくなります。
    また、変換するAVIファイルの内容によって圧縮効果・画質等が異なります。
  • サンプリングレート
    オーディオ変換時のサンプリングレート(ビット/秒)を指定します。
    指定できるのは、32KHz、44.1KHz、48KHzの3種類です(標準は44.1KHzです)。
    一般的には、サンプリングレートの値が大きいほど、ファイルサイズが大きくなります。
  • オーディオレイヤー
    オーディオ変換時のレイヤー指定(圧縮形式)を行ないます。
    レイヤー1かレイヤー2のどちらかを選択します(標準はレイヤー2です)。
    一般に、レイヤー2の方が圧縮率が高く、品質も良いようです。

 でも、基本的には標準のままで問題ありません。慣れたらビデオファイルをどんどんMPEG化してみて下さい(はまるとCD‐Rが欲しくなるでしょう、きっと…)。


Back  Contents  Next