さまざまな効果

 カット編集を行なったところで、今度は凝った映像表現を見せる上でかかせないトランジション編集に移ります。これには様々な効果があるので、全てを紹介することはできませんが、これをもとにご自分でトライしていただければ幸いです。

●トランジションの適用方法

 トランジション編集を行なう場合、MediaStudioでは「Va」と「Vb」の両トラック間に適用することができるので、まずはベースとなる「Va」と重なるようにして「Vb」に配置する必要があります。そして、このクリップの間の重なった部分を、「Fx」を使用して編集するわけです(下は「Va」にあったクリップの一部を「Vb」に移動している例)。

 トランジションエフェクトには数多くの効果がありますが、ここでは、2つのクリップ間に「モザイク」を、最後に「クロスフェード」(画面が徐々に白くなっていく、いわゆる「フェードアウト」)をかける例で説明します。
 トランジションエフェクトをかけるには、まず
「作品ライブラリ」から「トランジション効果」を選択し、必要な効果を表示させます。

 次に、必要な項目を選択したら、それをマウスでドラッグして、「Fx」トラック上の適当なところに配置します。
 すると、以下のような
「トランジションオプション」画面が出てきますので、ここでトランジションをかける方向(「Va」から「Vb」、または「Vb」から「Va」)やトランジションのかかり具合を設定します。方向以外は基本的にデフォルトで大丈夫ですが、いろいろ試してみるのも良いでしょう。

 こうしてトランジションを設定すると、クリップ長に合わせて自動的にトランジションの継続時間が設定されます。これを変更したくなったら、トランジショントラック「Fx」上のトランジションの端をマウスでつかんでドラッグするか、あるいはトランジションを選択した上で「クリップ」→「時間」で表示される「デュレーション」画面で変更して下さい。
 以上の要領で作成したのが、以下のものです。もっと複雑なものも作れますが、方法は同じですので、プレビューを繰り返しながら納得のゆくまで作成してみて下さい。

●テロップの作成と挿入

 続いて、画面間の特殊効果とともに定番である「テロップ」の作成に移ります。
 テロップを作成するには、、まずメインウィンドウ上部にある
「タイトルクリップを挿入」ボタン(「T」と書かれたもの)を押します。すると、「タイトルクリップを挿入」画面が現れますので、必要な文を記し、フォント・色・ポイント数などを好みのものに設定します。

 テロップを動かしたい場合は、「ローリングを有効にする」をチェックした上で「ローリング」を選択し、方向・位置・始点終点・速度を設定します。

 こうして設定が済んだら「OK」ボタンを押し、「オーバーレイトラック」(「V1」など)の適当な場所にドラッグします。これでテロップが挿入されたことになるので、プレビューして確かめてみて下さい。

●その他の効果

 この他にも様々な効果を設定することができますので、代表的なものだけ紹介しておきましょう。
 まず
クリップの映像自体に特殊効果を加えたい場合は、「作品ライブラリ」で「ビデオフィルタ」を選択し、適当な効果を見つけたら、それをクリップにドラッグ&ドロップします。

 すると以下のような設定画面が現れます(「波紋」の例)ので、プレビューで確認しながら設定を変更し、問題がなくなったら「OK」ボタンを押します。これで画像が大胆に変身します。

 またクリップ中に別のクリップを動かしたい場合は「作品ライブラリ」で「移動パス」を選択します。そして、目的とするクリップをオーバーレイトラックに配置て、適当な効果を選び、目的のクリップ上にドラッグ&ドロップします。

 すると、やはり設定画面が現れる(下は「2D基本移動パス」)ので、必要な設定を行ない、プレビューで確認しましょう。

 また音声の設定を行ないたい場合は、「作品ライブラリ」から「オーディオフィルタ」を選び、適当なものを選択した上で、それを目的の音声クリップにドラッグ&ドロップします。

 すると設定画面が出現します(下は「フェード」の例)ので、映像に合うように音声を編集します。

●やりすぎに注意!

 必要な作業が終わり、納得のいく作品に仕上がったら、最後にクリップを保存します。オプションでデータ転送速度やコマ数・画像サイズ、圧縮形式など設定できますので、必要があれば適当に修正して下さい。ただし、次の「エンコード」があるので、圧縮などは行なわない方が良いでしょう(ちなみに、DVにデータを戻す場合は、圧縮形式がDVフォーマット、フレームサイズが720×480、フレームレートが29.97、オーディオが16ビット48.000kHzステレオまたは12ビット32.000kHzステレオにして下さい)。
 なお、ここではごく基本的なものしか紹介しませんでしたが、はまってしまい、もっといろいろ勉強したいと考えた方は、ビデオ編集関連書籍を購入するなり、SONYのDV SKILL UP SEMINARなどで習得するなりしていただければ幸いです。
 ところで、余談になりますが、こうした効果を加えるのは非常に面白いので、最初はついついやりすぎてしまいがちです。しかし、最近のテレビ映像が(テロップなどの)やり過ぎで非難を受けているように、あまり多用し過ぎると逆効果です。"Simple is best"という言葉があるように、必要なものだけ活用するよう心がけるべきでしょう。


Back  Contents  Next