切ってつなげて

 MediaStudioの基本を押さえたところで、いよいよ具体的な編集作業に入ります。
 編集方法には、主に
「カット編集」「トランジション編集」の2つがあります。カット編集とは、複数のクリップを連続してつなげていくことで、編集作業の基本になります。トランジション編集は、クリップとクリップをつなぐ際に特殊効果を使うことで、様々な効果を設定することができます。クリップは、基本的にこの2つの組み合わせで作成していくことになりますが、今回はそのうちのカット編集を扱います(トランジション編集は次回)。

●編集ソフトの設定

 しかしその前に、編集ソフトの設定を行なう必要があります。試しにMediaStudioの「Video Editor」を立ち上げると、(少なくとも一番最初は)以下のような画面が現れるはずです。

 この「新規作成」画面で、これから扱うファイルの設定を行ないます。
 既存のプロジェクトテンプレートを利用する場合は適当なものを選択し、「OK」ボタンを押せば終了です。使用しない場合は「ウィザード」ボタンをクリックして、使用するTV規格・フレームサイズ・フレームタイプ・ビデオ圧縮方式・オーディオクオリティ・オーバーレイトラックの数などを設定し、適宜テンプレートとして保存すれば完了です。
 設定が終了したら、続いてビデオファイルの読み込みを行ないます。「挿入」→「ビデオファイル」とするか「ビデオファイルを挿入」ボタンを選択すると、次のような
「ビデオファイルを挿入」画面が出現します。

 ここで、ファイルを1つ1つプレビューし、目的のクリップが見つかったところで「開く」ボタンを押します。するとビデオトラック上の任意の場所にマウスでクリップを配置でき、作品ウィンドウにも登録されます。じっくり確認したい場合はこれが最適でしょう。
 他の方法としては、複数のファイルを選択して「開く」ボタンを押すと、
「クリップシーケンスの変更」画面が現れますので、ここで各クリップの順番を必要に応じて入れ替えたりしながら「OK」ボタンを押し、トラック上にクリップを配置していく手もあります(何の変更も加えず、後でトラック上のクリップを入れ替えることもできます)。

●カット編集の方法

 では、準備が整ったところで、カット編集を行ないましょう。
 先に説明したように、単独のファイルの場合は「ビデオファイルを挿入」画面で「開く」を押し、複数のファイルの場合は「クリップシーケンスの変更」画面で「OK」を押して、マウスをトラック上に移動させると、トラックが(クリップの長さ分だけ)反転しますので、それを目安に、ビデオトラック(「Va」「Vb」)の適当な位置に移動し、クリックします(ただし、
最初は「Va」に配置しましょう)。

 すると、クリップが表示されるようになります。作品ウィンドウに表示されていれば、そこからドラッグ&ドロップしても貼り付けることができますので、同じクリップを何度使うこともできます。貼り付けたクリップの移動・コピー・カットは自由自在です。これを好みに応じて隙間なく並べていけば、基本的にはカット編集はできてしまいます(簡単でしょう!?!)。

 しかし、プレビューしてみると、クリップの前後に不要な部分があったりするかもしれません。そんな時は、不要なところをカットします。手っ取り早い方法としては、目的のクリップの両端をマウスカーソルでドラッグすると、簡単に短くすることができます(その際は、ウィンドウ右下のタイムコードの値が目安になります)。

 しかし、これではどこまでカットしているかわかりにくい(はず)です。そう思ったら「スクラッチパッド」を用います。これはビデオトラック上または作品ライブラリ上の該当ファイルをダブルクリックすると出てくるもので、1コマずつプレビューしながら始点(イン点)と終点(アウト点)を決めることができます。具体的には、上のボタンでコマ単位でプレビューし、目的のフレームが見つかったら、右上の「マークイン」「マークアウト」ボタンを押して、イン点・アウト点を設定します(実際の数値は、下のタイムコードになります)。

「スクラッチパッド」

 また、ファイルを挿入する段階でカットする方法もあります。「ビデオファイルを挿入」画面もしくは(複数選択後)「クリップシーケンスの変更」画面にある「デュレーション」ボタンを押すと、「時間」画面が現れ、挿入前の段階でイン点・アウト点を設定することができます。方法としては、スクラッチパッドと同じようにプレビューを見ながら目的のフレームを探し、見つけたら右側の「マークイン」マークアウト」ボタンを押すか、表示された値をもとに左側で「マークイン」「マークアウト」の時間を調節します。

 これでカット編集は完了です(問題なければ、いったん保存しておきましょう)。

 では、次にトランジション編集を行ないましょう。


Back  Contents  Next